中谷智司の5つの約束

「生まれてくる」ために子育て、「ごはんを食べる」ために食糧つまり農林水産業、「働く」ために経済・雇用つまり中小企業、「勉強する」ために教育、さらに安心を感じるために社会保障や震災復興に、全力で取り組みます!!!

暴走するアベノミクスと憲法96条の先行改正に反対します。

もっと見る ▼

  • 株価、長期金利、円とドルの大きな振れ幅を作るだけで、格差拡大につながるアベノミクスに反対します。
  • 「基本的人権の尊重」「国民主権」「平和主義」という日本国憲法の基本原則を堅持し、日本を戦争ができる国にする動きを阻止します。憲法96条の先行改正には反対します。

もうかる農林水産業、活気ある中小企業を実現します。

もっと見る ▼

  • 農業者戸別所得補償の法制化、畜産・酪農所得補償制度の導入検討、6次産業化などによって所得の安定・向上をはかり、新規就業者を増やします。路網整備、森林施業集約化などにより、国産材の利用を促進します。漁業者所得補償制度や省エネ・省コストな漁船導入支援などによって、漁業経営の安定をはかります。
  • 起業・創業・育成支援体制強化、海外展開支援、中小企業憲章の理念の実践などを、中小企業担当大臣の下で一元的に推進します。正規・非正規を問わず、すべての労働者の均等・均衡処遇、能力開発の機会を確保します。中小企業支援を行い、最低賃金を引き上げます。
  • 「まちづくり基本法」の制定、中古住宅のリフォームの推進や流通の活性化などを進めます。

安心、納得、安全の社会保障を確立します。

もっと見る ▼

  • 医療崩壊を食い止めるため、診療報酬の引き上げや、医師不足、看護師不足対策に取り組みます。また、医療・介護従事者の過酷な労働条件・処遇を改善します。
  • 国民皆年金を堅持できるよう、最低保障年金の創設を中心とする年金制度改革案の実現をめざします。

子どもたちが安心して成長できる環境を作ります。

もっと見る ▼

  • 子ども・子育て支援の予算を増額し、子育てを直接支援する新児童手当とあわせて、保育所・認定こども園・放課後児童クラブなどを通したサービス、育児と仕事の両立ができる支援を充実させます。また、職員の処遇の改善などを進めます。
  • 教職員の数を増やし、義務教育における少人数学級を着実に推進します。意思ある高校生などが安心して勉学に打ち込めるよう所得制限のない高校無償化制度を継続します。

生命と財産を守る防災・減災に取り組みます。

もっと見る ▼

  • 発災後72時間の対応の強化に資する「命の防災基本法」の制定をはかります。地域における消防団、自治会、ボランティアなど多様な団体との連携を進め、防災教育と訓練の拡充に努めます。東海・東南海・南海地震などを具体的に想定した対策を進めます。
  • あらゆる政策資源を投入し、実現可能性を考慮した、災害にも強い、新しい分散型エネルギー社会をめざします。

このページのトップへ ↑

中谷智司の6年間の実績

徳島の様々な場所で見せて頂いた現実、聞かせて頂いた生の声を糧にして、参議院議員として中小企業政策、農林水産政策を始めとする様々な仕事をさせて頂きました。そのうち、主なことは以下の通りです。

(1)建築確認の円滑化、簡素化を進めました!

もっと見る ▼

2007年の建築確認手続の変更に伴う混乱により、住宅建築件数が大幅に減少し、日本経済にも大きな打撃となりました。

私は、参議院経済産業委員会、予算委員会でまさに民主党の急先鋒として、当時の自公政権の対応を厳しく追求しました。また、大学・大学院で培った知識と企業で得た経験を活かし、構造計算プログラムの認定に関する国土交通省の不手際についても指摘し、迅速な対応を約束させました。一方、政府の対応が国民の皆さま方の生活やくらしに大きな影響を与えうることを改めて痛感した経験でした。

政権交代後、民主党政権は確認審査の迅速化、申請図書の簡素化を始めとして手続きを改善し、円滑に住宅建築が進むように建築確認手続き等の運用改善に懸命に取り組みました。

その結果、構造計算適合性判定を要する物件に係る平均の確認審査日数(事前相談受付から確認済証交付までに要する日数)は、2008年1月の101.5日から、2011年12月には51.4日まで大幅に短縮されました。

(2)中小企業憲章を策定しました!

もっと見る ▼

中小企業政策は、民主党がもっとも力を入れてきた政策分野です。2009年の政権交代後、政府は、中小企業が光り輝き、それにより安定的で活力ある経済と豊かな国民生活の実現を図るため、中小企業憲章を策定しました。

私は、経済産業省政策会議に設置された中小企業・創業専門委員会の座長を務め、関係団体等へのヒアリングなどを行いながら、中小企業憲章についての民主党内の議論をとりまとめ、当時の直島経済産業大臣への提言を行いました。

中小企業憲章では、国が総力を挙げて、中小企業の持つ個性や可能性を存分に伸ばし、自立する中小企業を励まし、困っている中小企業を支え、そして、どんな問題も中小企業の立場で考えていくことを謳っています。

(3)中小企業の法人税を引き下げました!

もっと見る ▼

私は、一貫して中小企業の法人税の軽減を主張し続けており、2007年の初めての参議院経済産業委員会でも、複雑な租税特別措置を積み重ねるだけでなく、思い切った税制として、法人税の切り下げを広く中小企業に適用すべきとの主張を行いました。

その後、民主党としても、中小企業やその経営者の皆さんを支援することは日本経済の基礎強化につながるとの基本認識のもと、2009年のマニフェストでは「中小企業の法人税率を18%から11%に引き下げ、融資に対する個人保証を見直します」を掲げました。そして、政権交代を実現した後、まず2012年度分から15%への引き下げを実施しました(ただし、東日本大震災後は復興増税のため実質は16.5%となっています)。

(4)農林水産業の所得補償制度を創設しました!

もっと見る ▼

民主党政権は、食と地域の再生に向け、米・麦・大豆・てん菜・でん粉原料用ばれいし・そば・なたね等を生産し所要の要件を満たす販売農家・集落営農に対して、販売価格と生産費の差額を交付する「農業者戸別所得補償制度」を実現しました。

同様に、漁業については「資源管理・漁業所得補償対策」を、林業については「森林管理・環境保全直接支払制度」を創設し、多面的な機能・役割を果たしている農林水産業について、しっかりとした支援体制を構築しました。

私は、2012年の参議院予算委員会や同農林水産委員会で「もうかる農業」について何度も言及し、その重要性を総理や農林水産大臣に主張しました。また、同年7月10日の参議院予算委員会では、当時の郡司農林水産大臣への質問で、畑作や果樹の多い徳島の農業を念頭に、対象品目を拡大すべきと主張しました。

(5)新規就農総合支援事業を大幅拡充しました!

もっと見る ▼

新規就農総合支援事業は、農業の担い手の高齢化や不足の解消を目的とする、青年就農給付金や法人を対象とする雇用事業、農業経営者育成に関する取り組みです。このうち、民主党政権時には、青年就農給付金の大幅な充実を図り、対象となる方に年間150万円を最長2年間給付するしくみを導入しました。この取り組みにより、徳島はもとより、全国で若い方の就農が推進されました。

私は、この事業の推進を力強く後押しし、参議院予算委員会や農林水産委員会でも何度も言及するとともに、徳島県内でも農業者の皆さんや行政の関係者にお勧めしています。また、7月10日の参議院予算委員会では、更なる拡充について、郡司農林水産大臣への質問の中で言及しました。

(6)農林水産業の6次産業化を推進しました!

もっと見る ▼

農林水産業の雇用と所得を確保し、若者や子供も集落に定住できる社会を構築するため、農林漁業生産と加工・販売の一体化や、地域資源を活用した新たな産業の創出を促進するなど、農山漁村の6次産業化を推進しました。

そのため、2010年に六次産業化法を制定し、6次産業化を後押しする支援メニューをしっかりと定めるとともに、2012年には、官民共同出資の農林漁業成長産業化ファンドを創設するための株式会社農林漁業成長産業化支援機構法(通称、ファンド法)を定めました。この法律の制定に当たって、私は参議院農林水産委員会の与党民主党の筆頭理事として、与野党間調整に奔走しました。また、委員会の質問にも立ち、農業者の方への経営支援や、制度の広報の重要性などを強く指摘しました。

(7)学童保育の充実に邁進しています!

もっと見る ▼

共働きや一人親家庭等の小学生に、家庭とは異なる安全で安心な場を提供し、保護者に代わって保育するのが学童保育です。保育所と異なり、児童福祉法で児童福祉施設として位置付けられていない等の理由で、厳しい運営を強いられています。

私は、民主党の子ども・男女共同参画調査会に設置された学童保育ワーキングチームの事務局長として、有識者や各種団体、指導員や保護者等からヒアリングを重ね、懸命に学童保育の現場の実態や思いを伺い、課題の洗い出しと学童保育の充実に向けた提言をとりまとめました。

提言には、子どもの目線を大切にし、国が市町村の独自性に留意しつつ職員の待遇も含めた最低基準を策定すると共に、必要な財政的支援を行うこと、厚労省と文科省が緊密な連携体制を構築すること等をまとめました。この提言は、民主党政権がとりまとめた「子ども・子育て新システムに関する中間とりまとめについて」にも反映され、学童保育の本格的な充実を図る着実な一歩を刻むことができました。

このページのトップへ ↑

中谷智司の国会発言

国会議事堂

国会内容を詳しく見る▼

▼第180回国会委員会調査会質疑

  • 参議院農林水産委員会
    日時:平成24年8月28日(火)
    案件:株式会社農林漁業成長産業化支援機構法律案
    ビデオ
  • 参議院予算委員会
    日時:平成24年7月10日(火)
    案件:予算の執行状況に関する調査
    (目指す国家、社会保障・税一体改革、経済成長戦略、第一次産業)
    ビデオ
  • 参議院農林水産委員会
    日時:平成24年6月19日(火)
    案件:農林水産に関する調査
    (農業再生、儲かる農業、新規就農支援制度)
    ビデオ
  • 参議院共生社会・地域活性化に関する調査会
    日時:平成24年4月18日(水)
    案件:活力ある共生・共助の地域社会・まちづくり
    (意見表明)
    ビデオ
  • 参議院予算委員会
    日時:平成24年2月6日(月)
    案件:平成23年度第四次補正予算
    (目指す国家、円高、デフレ、中小企業支援、第一次産業)
    ビデオ

▼第177回国会本会議質疑


  • 日程:平成23年8月22日(月)
    案件:平成二十三年度における公債の発行の特例に関する法律案
    議事録
 

▼第177回国会委員会調査会質疑

  • 参議院財政金融委員会
    日時:平成23年8月9日(火)
    案件:財政及び金融等に関する調査
    (為替、円高、東日本大震災後の日本経済)
    議事録

第177回国会委員会調査会質疑

▼第176回国会委員会調査会質疑

  • 参議院予算委員会
    日時:平成22年11月17日(水)
    案件:予算執行状況に関する調査
    (APEC首脳会議、日本経済、中小企業支援、IT、尖閣問題)
    議事録

▼第174回国会委員会調査会質疑

  • 参議院経済産業委員会
    日時:平成22年3月19日(金)
    案件:平成22年度一般会計予算の委嘱審査
    (日本経済、中小企業支援)
    議事録
  • 参議院行政監視委員会質疑
    日時:平成22年3月15日(月)
    案件:独立行政法人制度改革について参考人質疑
    議事録
  • 参議院国民生活・経済に関する調査会
    日程:平成22年2月10日(水)
    内容:社会保障とくらし(医療、地方行政)
    議事録

▼第171回国会委員会調査会質疑

  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成21年7月9日(木)
    >案件:経済連携協定に基づく特定原産地証明書の
    発給等に関する法律の一部を改正する法律案
    (附帯決議)
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成21年7月7日(火)
    案件:商店街の活性化のための地域住民の需要に
    応じた事業活動の促進に関する法律案
    (附帯決議)
    議事録
  • 参議院経済産業委員会質疑
    日時:平成21年7月2日(木)
    場所:参議院分館第21委員会室
    案件:商品取引所法及び商品投資に係る事業の
    規制に関する法律の一部を改正する法律案
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成21年6月30日(火)
    案件:エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用
    及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律案
    (附帯決議)
    議事録
  • 参議院決算委員会質疑
    日時:平成21年6月22日
    案件:平成19年度決算外2件の審査(准総括質疑)
    (日本経済、改正建築基準法)
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成21年6月18日(木)
    案件:株式会社地域力再生機構法案
    (附帯決議)
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成21年6月11日(木)
    案件:中小企業者及び中堅事業者等に対する資金供給の
    円滑化を図るための株式会社商工組合中央金庫法等の
    一部を改正する法律案
    (附帯決議)
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日時:平成21年6月2日
    案件:私的独占の禁止及び公正取引の確保に
    関する法律の一部を改正する法律案
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成21年5月28日
    案件:私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の
    一部を改正する法律案について参考人質疑
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成21年5月12日
    案件:化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の
    一部を改正する法律案
    (附帯決議)
    議事録
  • 参議院決算委員会
    日程:平成21年4月27日
    案件:平成19年度決算外2件、経済産業省、国土交通省
    (日本経済、特許政策、特許特別会計、コンピュータシステム)
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成21年4月21日
    案件:産業活力再生特別措置法等の一部を改正する法律案
    (附帯決議)
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成21年4月16日(木)
    案件:産業活力再生特別措置法等の一部を
    改正する法律案について参考人質疑
    議事録
  • 参議院経済産業委員会  
    日程:平成21年4月9日(木)
    案件:不正競争防止法の一部を改正する法律案
    外国為替及び外国貿易法の一部を改正する法律案
    (附帯決議)
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成21年3月17日(火)
    案件:経済・産業・貿易及び公正取引等に関する調査
    (日本経済、中小企業支援)
    議事録

▼第170回国会委員会調査会質疑

  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成20年11月25日(火)
    案件:外国為替及び外国貿易法
    議事録

▼第169回国会本会議質疑

  • 日程:平成20年5月30日(金)
    案件:特定商取引に関する法律及び割賦販売法の
    一部を改正する法律案
    議事録

第169回国会本会議質疑

▼第169回国会委員会調査会質疑

  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成20年6月10日(火)
    案件:特定商取引に関する法律及び割賦販売法の
    一部を改正する法律案
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成20年6月5日(木)
    案件:特定商取引に関する法律及び割賦販売法の
    一部を改正する法律案について参考人質疑
    議事録
  • 参議院国民生活・経済に関する調査会
    日程:平成20年5月14日(水)
    内容:幸福度の高い社会の構築
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成20年5月13日(火)
    案件:経済・貿易及び公正取引等に関する調査
    (中国経済外交、コミュニティビジネス、エネルギー問題)
    議事録
  • 参議院国民生活・経済に関する調査会
    日程:平成20年4月16日(水)
    内容:福祉とくらし(貧困、人口減少、地域における人材活用)
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成20年4月10日(木)
    案件:特許法等の一部を改正する法律案に関する審査
    議事録
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成20年3月27日(木)
    案件:平成20年度一般会計予算外2件の委嘱審査
    (原油高、資源高、エネルギー問題、中小企業支援)
    議事録
  • 参議院予算委員会
    日程:平成20年3月19日(水)
    案件:平成20年度予算(改正建築基準法)
    議事録
  • 参議院国民生活・経済に関する調査会
    日程:平成20年2月27日(水)
    内容:都市と地方のくらし(限界集落、コミュニティビジネス)
    議事録

▼第168回国会委員会調査会質疑

  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成19年12月13日(木)
    案件:経済、産業、貿易及び公正取引等に関する調査
    (改正建築基準法、原油高、中小企業支援)
  • 参議院国民生活・経済に関する調査会
    日程:平成19年10月31日(水)
    内容:国民生活、経済に関する調査
    (医療、図書館)
  • 参議院経済産業委員会
    日程:平成19年10月23日(火)
    案件:経済、産業、貿易及び公正取引等に関する調査
    (中小企業支援、新産業育成)

このページのトップへ ↑

中谷智司プロフィール

  • 1968年 徳島市生まれ
  • 1984年 富田中学校 卒業
  • 1987年 徳島市立高等学校 卒業
  • 1992年 徳島大学工学部 卒業
  • 1994年 徳島大学大学院工学研究科 修了
    住友金属工業株式会社入社
  • 2007年 参議院議員選挙徳島選挙区 出馬 当選

  • ○家族/妻と息子と娘の4人家族
  • ○趣味/読書、旅行、食べ歩き
  • ○好きな食べ物/お好み焼き、すだち、ちりめん
  • ○特技/阿波踊り、営業
  • ○スポーツ/野球、マラソン
  • ○好きな言葉/前途洋々
  • ○好きな本/三国志、竜馬がゆく

連絡先

  • 〒770-8053
  • 徳島市沖浜東1丁目64
  • TEL.088-602-0106 / FAX.088-602-0107